• ホーム
  • 子供から大人まで使えるニキビ治療薬はどのような種類があるのか!

子供から大人まで使えるニキビ治療薬はどのような種類があるのか!

2020年05月31日
肌がきれいな女性

ニキビ治療薬にはいくつかの種類がありますが、大人から子供まで使えるものというとかなり種類には限られてきます。子ども、特に思春期になってすぐに肌がニキビだらけになってしまったような場合、ニキビ治療薬選びには注意が必要です。

まず、基本的に大人ニキビと思春期のニキビには治療アプローチが違います。よくあるのが洗顔による皮脂の洗い流しですが、これは大人ニキビの人がやりすぎると乾燥によって余計にニキビが出来てしまう場合もありうるのです。一方、大人ニキビ向けの過剰な保湿は思春期ニキビの人には好ましくない場合もあり、出来れば併用しないのに越したことはありません。ですが、それでも両方の人に一緒に使える場合は、いくつかの選択肢があります。

ひとつは洗顔タイプで、顔を洗うことで余計な皮脂を洗い流したり、肌のターンオーバーを促すというものです。特にニキビ治療薬としての洗顔タイプはかなり洗浄力が強いものが多いので、大人ニキビの場合は洗浄力が強すぎるかもしれませんが、思春期ニキビには効果的な場合もあります。このため、様子を見ながら使ってみましょう。出来るだけ保湿ケアを心がけ、様子を見ながらスキンケアをしてください。

一方、塗り薬についてはその部分にだけつけることで改善するものも少なくありません。これは特に殺菌剤や角質を取り除く薬などがあり、一時的に肌の状態を改善することに繋がります。特に炎症の起きてしまっているニキビについては出来るだけ早く治療する必要がありますので、赤みや黄色さが出た場合はこういった部分的な治療薬の使用も考えた方がいいでしょう。

併用する場合にリスクが少ないのは、ビタミンCを含むビタミン剤です。というのも皮膚科での皮膚治療などでもビタミン剤が処方されることは少なくありません。ビタミン剤については体の大きさや年齢に応じて飲む量も変わってきますが、量を調整すれば大人も子供もリスクが少なく使いやすい薬となります。よくあるのがビタミンCやビタミンEなどで、肌の抗菌や肌の生まれ変わりを促進したり、肌の状態を改善するために、実は一般的な皮膚科でも処方されることが少なくありません。

マルチビタミンなどでも構いませんが、特にビタミンCは美肌に良い影響をもたらす栄養素として知られています。摂取量を調整すれば、小さい子供から大人まで手軽に美肌になる事が出来ますので、家族みんなで活用しやすい薬といえるでしょう。