• ホーム
  • ヒルドイドを使用することへのデメリットはある?

ヒルドイドを使用することへのデメリットはある?

2020年05月28日
スキンケアをする女性

ヒルドイドについては保湿効果が高く敏感肌にも処方されることがあるため、比較的リスクが少ない薬として知られています。とはいえ、リスクが全くない訳ではありませんので、一部の人には注意しておいてください。

まず、デメリットとしては血液の病気を持っている人の場合、特に血行が良くなることが健康を害するような病気を持っている人の場合は好ましくない場合があります。というのもヒルドイドは保湿して血行を促進する効果がありますので、使うことで肌の状態は良くなっても血流が良くなりすぎたり、出血が止まらなくなるなどの可能性も考えられるのです。このため、ヒルドイドは血液に関して病気があったり、血小板減少などの病気がある人にはおすすめできません。

次に、妊娠中の人や授乳中の人にはおすすめできないものです。というのもヒルドイドは安全性が高くリスクが少ない薬ではありますが、妊娠中や出産後の人、授乳中の人への安全性は確認されていません。必ず安全だとは言い切れないので、この点は気をつけた方が良いでしょう。赤ちゃんが離乳してから使用した方が安全です。ただし、医師によっては考えが違い、中には安全性は確認されていなくても妊娠中の胎児への影響が確認されていないので、問題は無く処方できるという人もいます。気になるような避けた方が良いでしょうが、気にならないようなら使っても構いません。

また、ヒルドイドの中には過剰に保湿し過ぎるようなものや、肌の皮脂と水分のバランスを崩してしまう場合もあります。これはヒルドイドの塗りすぎやヒルドイドのタイプが油分が濃い機材を選んだために起こることで、この場合は特に肌に負担がかかるばかりではなく、ニキビや油焼けなどの可能性が考えられるでしょう。この場合は基本的に使う量を調整するか、あるいはタイプを変えることによって改善されるかもしれません。もし皮膚科に通っているなら相談したり、量を調整したりしましょう。

基本的にデメリットが少ないので処方されることが多く、アトピーの痒さの緩和などに使われることがあります。とはいえ、必ずしもリスクやデメリットが出ないとは限りません。
調整しながら使ってみたり、時にタイプを変えるなどの試行錯誤が必要になるかもしれませんが、保湿することで肌の状態が格段に良くなる可能性もあります。シンプルな薬なので基本的に副作用はあまり多くはありませんので、ぜひ活用してみましょう。