クリームの瓶を持っている女性

女性の肌悩みのひとつとしてよく有名なのが、シミです。シミは肌の一部が黒っぽくなったり茶色っぽくなる症状で、一部分だけ色が変わるためにどうしても違和感や異常感が出てきます。実はシミは出来る年齢や内容によって対処法も違います。どういう物があり、どういう対処法があるのか見ていきましょう。

まず、年齢に伴って出てくるのが、老人性のシミです。この場合は年齢が高くなるごとに出てきますので、年齢が高くなればなるほど大きくなったり、ひどくなることが考えられるでしょう。また、膨らんできてイボのようになったりする人もいます。このシミについてはこれまでたまってきた肌ダメージが要因となりますので、予防するためにはとにかく毎日の紫外線対策が大事になってきます。また、出来てしまった場合でも専用の美白クリームやスキンケアを行うことで改善する場合もあるでしょう。

次に、よくあるのが肝斑です。これは30代後半から40代の女性の頬などに出来ることが多く、左右対称に出来たり、色も茶色っぽくなることがあります。原因は基本的に肌のターンオーバーが促進されなかったり、ホルモンバランスの乱れなどが考えられるでしょう。特に30代後半から40代はそろそろ更年期障害が始まる時期でもありますので、このようなホルモンバランスの乱れも起きやすくなり、肌の状態が悪くなりがちな側面もあります。専用のスキンケアやサプリメントなどで改善する場合もありますので、試してみるのが良いかもしれません。

シミより小さいものとしては、様々な肌トラブルの後に起こる着色などもあります。これはニキビ跡が黒ずんでホクロやそばかすのようになったり、肌荒れが起きた後にシミになってしまうような場合もあるでしょう。これは基本的に肌ダメージが回復しきらなかったり、肌ダメージから肌を守るためにメラニン色素が生成されることが原因などで起こります。この場合は肌ダメージのケアを適切に行うことや、肌のトラブルを改善できるようにケアすることが大事になる場合もあるでしょう。もしなかなか治らない場合は皮膚科に相談するなどして、適切なスキンケアで皮膚の状態を良くするように心がけてみてください。

女性の肌悩みの中でも特に大きいのがシミで、シミのない肌はやはり美しいものです。出来てからでも適切にケアをすれば徐々に薄くなり、当然取り除ける可能性も格段に増えるでしょう。このため、まずはきちんとケアをすることを心がけてください。